文学散歩「綾子が初めて見た海」ルーツをたどる苫前・1日旅


〈オートキャンプ場からの展望 天売・焼尻 写真提供:苫前町役場〉

汽車はようやく留萌駅を発った。と、窓の外を飽かずに眺めていた私の目に、突如、夏の日に輝く海が見えた。その瞬間の驚きの何と大きかったことか。私は思わず立ち上がって、大声で叫んだ。
「海だっ!あれ!あそこに海が見える!」 
(『草のうた』17)

三浦綾子の心の原風景には祖母が優しい口調で語るお話の時間、そして小学校4年生の8月に初めて見た苫前の海がありました。
綾子は苫前をモデルに『天北原野』のハマベツや『嵐吹く時も』の苫幌村を描いています。綾子は登場人物の故郷として描いただけでなく、『氷点』では夏枝が啓造の日記を見て陽子の出生の秘密を知り呆然として「何の脈絡もなく、少女のころ海水浴に行った苫前の海が目にうかんだ」と、夏枝の原風景としても登場させています。
そんな苫前はどんなまちなのか、綾子のルーツを一緒にたどってみませんか?
バスでの気軽な一日旅。文学館特別研究員・森下辰衛先生の解説や朗読もありますよ。
皆様のご参加をお待ちしています!

【日程】9月7日(金)
【行先】苫前
【参加費】5,000円
【集合場所】文学館
【定員】40名 ※先着順 

【行程】
8:00 文学館集合
8:05 出発 *車中にて、森下辰衛先生解説
10:10 旧花田家番屋(小平町)見学
11:05 郷土資料館 見学
11:50 堀田鉄治氏お墓
12:10 昼食
13:30 岡田商店 海産物のお土産をご購入♪
14:05 堀田鉄治氏出生跡地(車窓から)*森下辰衛先生解説
16:45 文学館到着、館内見学
17:15 解散

【お申込み方法】
★旭川市内にお住まいの皆様は……
ご希望の方は、文学館にお電話またはメールにてお申込みのうえ、参加費5,000円を文学館受付にご提出ください。

★旭川市外にお住まいの皆様は……
ご希望の方は、文学館にお電話またはメールにてお申込みください。後日、参加費の振込方法をご案内いたします。

三浦綾子記念文学館 
TEL 0166-69-2626
e-mail toiawase@hyouten.com

Share

第20回 三浦綾子作文賞 作品募集


1999年度から開催してきた三浦綾子作文賞も、今年で第20回目を迎えました。
募集部門はA「自由作文部門」とB「三浦綾子読書感想文部門」の二つ。
皆様の力作をお待ちしています。

募集要項は下記のリンクからダウンロードしていただけます(PDFファイル)。

第20回三浦綾子作文賞募集要項

応募の締め切り … 平成30 (2018)年10月31日(水)(当日消印有効)

A.自由作文部門 創作や感想文、評論、童話等も応募できます。(1人1作品)
(1)「小学生の部」 (2)「中学生の部」 (3)「高校生の部」

B.三浦綾子読書感想文部門
(1)「中学生の部」 (2)「高校生の部」
課題図書 … 『氷点』『塩狩峠』『道ありき』『泥流地帯』『細川ガラシャ夫人』『母』『銃口』から選択する。
【課題図書紹介】
『氷点』
三浦綾子デビュー作。殺人犯の娘として辻口家にひきとられた陽子は、どのような運命をたどるのか?

『塩狩峠』
自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う長編小説。

『道ありき』
三浦綾子青春時代の自伝小説。傷つき、絶望して投げやりな気持ちになっていた綾子は、13年にわたる療養生活の中で光を見い出す。

『泥流地帯』
大正15年5月24日、十勝岳大爆発により泥流が押し寄せ、家族も住む家も一度に失った……。貧しいながらも懸命に生きる兄弟の姿を通して、人生の試練の意味を問いかける。

『細川ガラシャ夫人』
時は戦国時代。明智光秀の娘・玉子の波乱に満ちた生涯を描く、三浦綾子初の歴史小説。

『母』
小林多喜二の母・セキが自らの生涯を温かい口調で語る伝記小説。

『銃口』
筒先は国民に向けられた。熱心な教師・竜太は綴り方事件に巻き込まれ、捕われてしまう。激動の昭和を描く、三浦綾子最後の長編小説。

入賞発表は12月中旬を予定しています。入賞者には直接ご連絡いたします。

多数のご応募をお待ちしています!

Share

第2回 三浦家ガレージセール

今週末に、昨年9月下旬に開催した三浦家ガレージセールの第2弾を開催いたします。
今回は、衣類、食器、花瓶、民芸品などの日用雑貨を出品します。
9月末には三浦家書斎を復元する分館がオープンしますので、これが最後のガレージセールです。
皆様のご来館をお待ちしています。

期日 4月21日(土)・22日(日)
時間 9:30~16:00
会場 三浦綾子記念文学館1階ホール ※入館料500円が必要です。
★収益金は”口述筆記の書斎”移転復元の資金といたします。

お問い合わせ:三浦綾子記念文学館 TEL 0166-69-2626

Share