【復刊しました】新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]

新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]
新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]

皆さま、大変お待たせいたしました。
『愛の鬼才』の復刊です。
小学館からの発行となりました。
巻末の解説を森下辰衛氏(三浦文学館特別研究員)が担当しています。

“紙の本で読みたかった〜”という皆さま、ぜひお手にとってお読みくださいませ。

全国の書店でお求めになれます。こちらからどうぞ。

以下は、小学館による紹介文です。

(文責:難波真実)

———-

神を愛し、ひたすら人を愛した男の軌跡。
 
 人のため、伝道のためにその身を尽くした西村久蔵。神に愛され、神を愛し、そして人をひたすら愛したその生涯を、自らも久蔵の大きな愛に導かれた三浦綾子が辿った感動の伝記小説。
 明治三十一年小樽に生まれ、札幌で育った久蔵は、中学時代にキリスト教と出会い、数えで十八歳のときに受洗する。その後、札幌商業学校の教師として生徒たちと真剣に向き合い、創業した洋菓子店ニシムラでは事業主として多くの人たちに働く場を提供、頼ってくる者はどんな人でも拒むことなくいつでも大きな懐に招きいれた。「人の世話をするならば、とことんまでするべきだ。九十九パーセントではなく百パーセントするべきだ」。
 キリスト者でありながら、戦争に反対せず招集に応じて戦地に赴いた身を悔やみ、戦後は会社を抱えながら、教会への奉仕、伝道、病気見舞い、さらには引き揚者のための農村建設へと精力的に取り組んでいくが……。
 よく泣き、よく叱り、よく怒りもした。しかし、裏切りにあっても人を憎むことはなく、人を信じ続けた。なぜ、そんなにも深い愛を注ぎ続けられるのか。その大きさ、暖かさは、時を経ても多くの者の心を優しく包む。
 

Share

【ありがとうございました】三浦綾子文学賞受賞作『颶風の王』河崎秋子さん 出版記念講演会

三浦綾子文学賞受賞作『颶風の王』
河崎秋子さん 出版記念講演会
2015年9月16日 旭川グランドホテル

2015年8月1日にKADOKAWAから出版された、三浦綾子文学賞受賞作『颶風の王(ぐふうのおう)』。
作者の河崎秋子さんによる講演と、出版を祝う会が催されました。
会場には100名を超える方々が駆けつけ、共にお祝いいたしました。
 
卓上には、ワインとチーズ。
このチーズは、河崎秋子さんの属する牧場のチーズ工房で生産されたもので、
ストリングチーズとゴーダチーズが振る舞われました。
皆さん、北海道産の新鮮なチーズを嬉しそうに召し上がっておられました。
会場で販売されたチーズは、数分で完売! またたくまに無くなりました。
 
北海道別海町の“羊飼い”である河崎さんの、真剣でかつユーモアに富んだ語り口は、作品世界のイメージをさらに深く豊かにしてくれます。
講演の冒頭、チーズの説明で始まるところは、河崎さんならでは。
後半は、会場からの質問に答えてくださいました。
学生の頃の、三浦文学作品との出会いにも触れています。

また、この日、出版元のKADOKAWAの編集長から、増刷決定が発表されました。
貴重な講演です。ぜひお聴きください。

(文責:難波真実)
 
 

『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日
『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日

 
『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日
『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日

 
 『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日
『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日

 
『颶風の王』出版記念講演会 河崎秋子さん 2015年9月16日
『颶風の王』出版を祝う会 三浦綾子記念文化財団 山田宏紀理事長 2015年9月16日

 
『颶風の王』出版を祝う会 三浦綾子記念文化財団 地田哲哉理事(北海道新聞旭川支社長) 2015年9月16日
『颶風の王』出版を祝う会 三浦綾子記念文化財団 地田哲哉理事(北海道新聞旭川支社長) 2015年9月16日

 
『颶風の王』出版を祝う会 多くの人でごった返すサイン会場 2015年9月16日
『颶風の王』出版を祝う会 多くの人でごった返すサイン会場 2015年9月16日

Share

【発売開始!】河﨑秋子 颶風の王(ぐふうのおう) 三浦綾子文学賞受賞作

発売開始! 颶風の王(ぐふうのおう) 三浦綾子文学賞受賞作

お待たせいたしました。
河﨑秋子さんの初出版となる『颶風の王』。
いよいよ全国で発売が始まりました。
お近くの書店でお求めください。
電子書籍も同時リリースです(詳細はKADOKAWAの下記リンクで)。

http://www.kadokawa.co.jp/product/321412000172/

明治から平成にかけての6世代にもわたる壮大な物語で、
私も最近(というか、今朝)読み終えたのですが、三浦綾子文学賞にふさわしい、
“いのち”と“生きること”をずっしりと感じる作品でした。

先日、根室に出かけてきました。
河﨑秋子さんの暮らしの“舞台”を見たいという思いからでしたが、
読後に感じたのは、紛れもなくここが作品の舞台であり、
“生きることの舞台”だったということでした。
三浦綾子さんが旭川で「ここで書く」ということを生涯続けたように、
それに通じるものを道東の風の中で感じました。
この作品を私は大事にしたいと思います。

颶風(ぐふう)というのは、強く激しい風を意味する古い言葉ですが、
作品のラストが近づいてくると、この語感が身体じゅうを包むと思います。
そして、自らの生きる道を、その“風”の中でたしかにしようとするのではないかと思います。
ぜひ、この世界に触れてみてください。

全国の書店で販売しています。
文学館では河﨑さんのサイン入りで販売しています。ご希望の方は下記リンクでご注文ください。
http://www.hyouten.net/?pid=91722402

そして、この本を読んでくださった方、ぜひ感想をお寄せください。
「みんなのレビュー」に投稿を!
 
追記
9月16日に旭川グランドホテルでおこなわれた、出版記念講演の映像です。

 
(文責:難波真実)

Share