ぶんまちnews・file<10>

 『塩狩峠』50年事業 新商品 一口羊羹かぼちゃ味「塩狩峠」(ぶんまち-10)
『塩狩峠』50年事業 新商品 一口羊羹かぼちゃ味「塩狩峠」(ぶんまち-10)

 ぶんまちnews・file<10>
 
 『塩狩峠』50年記念 新発売 「一口羊羹 塩狩峠」
 
 『塩狩峠』50年を記念する商品として、三浦綾子記念文学館と市内の老舗の和菓子店が共同で製作した和菓子が完成しました。三浦文学の作品名を商品名にした菓子はいままで「氷点」「天北原野」があるが今回で3つ目となる。
 
 文学館では、『塩狩峠』50年の記念に文学館を訪れるファンに記念に残るお土産品をつくりたいと市内の和菓子店に相談を持ちかけた。さまざまな意見の中で持ち上がったのは「塩狩峠は和寒町にありまちおこしに役立たせるためにも町の特産物で何かできないだろうか」ということだった。早速、文学館と店双方で和寒町を訪れ産業振興課などで特産物の話を聞き、町内の菓子の原料となる南瓜ペーストを製造している場所で原材料を買ってきた。
 
 「南瓜の香りと甘みを生かして」羊羹づくりに約3か月を要した結果、5月中旬にようやく試作品が完成、三浦文学館で試食を行い、パッケージのデザインのレイアウトなどをつくりあげ6月末に完成した。
 
 この「一口羊羹 塩狩峠」は、(株)わっさむファクトリーが和寒特産南瓜「雪化粧」を原料にした「カボチャペースト 黄将(おうしょう)」(商品名)をベースに和菓子店が餡をつくり一口サイズの羊羹(ようかん)にしたもの。「雪化粧」は灰白色の皮で肉質はホックホク、日持ちも抜群、糖度は13度。寒暖差がおいしさをつくる南瓜のまち和寒(わっさむ)町でも最も高級感と人気のあるブランド野菜である。ペーストは冷却して水分を飛ばす製造法を編み出し、糖度を18度に上げることに成功した高品質をもつ。
 
 一口大にした羊羹を口に入れると途端にカボチャの香りがふんわり鼻に抜ける。味は濃厚だ。カボチャの自然の甘みは食後感にさわやかささえ残す。「天塩の国」と「石狩の国」の境に広がる和寒平野の畑地から生まれた逸品は、まさに『塩狩峠』50年を五感を通して感じさせてくれる。
 
 商品は、4本一組パッケージ入り。一つの箱には、和寒・塩狩峠の特徴を表わす、「峠の一目千本桜」「冬の塩狩峠の絵画」「日本一を誇る特産の南瓜」「山を昇る蒸気機関車」の4パターンのシールが貼られ、その美観には思わずうっとりさせられる。また、箱の側面には、『塩狩峠』50年のイメージキャラクターが載っており、子どもにも人気になりそうだ。
 
 販売は、1箱4本入り1000円(税込)で、当面三浦綾子記念文学館のみの販売です。
 
 販売開始は7月1日から。なお、別途2本入り500円(税込)でも販売。
 
(三浦文学館では通信販売もしています。問い合わせは三浦綾子記念文学館 ☎0166-69-2626)
 
(文責:松本道男)

Share

【大人気グッズ】三浦綾子文学カレンダー2016 できました!

三浦綾子文学カレンダー 2016
三浦綾子文学カレンダー 2016
三浦綾子文学カレンダー 2016
三浦綾子文学カレンダー 2016

恒例の文学カレンダー、2016年版が完成しました。
北海道の四季と三浦綾子の言葉で綴る12ヶ月。
サイズ:297mm×445mm(A3)
13枚綴り。
 
写真:益田良一
企画:コミプレース
印刷:幡本印刷株式会社
監修・協力:三浦綾子記念文学館
文学館内か、文学館WEBショップでお求めください。
http://www.hyouten.net/?pid=92788407
1,296円(税込・送料別)
 
1月:「言葉を交わすことによって 私たちは、勇気づけられ、慰められ、喜びを与えられます(後略)」
   『藍色の便箋』より
   写真:豊頃町
 
2月:「ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から『ごめんなさい』といえるのではないだろうか(後略)」
   『遺された言葉』より
   写真:美瑛町美馬牛
 
3月:「生きているということは、動いているということだ。……だが、生きていて死んだ状態の人間がいる(後略)」
   『光あるうちに』より
   写真:支笏湖
4月:「人生は選択なのだ。進学、就職、結婚、次々に重大な選択を迫られる(後略)」
   『風はいずこより』より
   写真:静内町
 
5月:「私は、家庭は愛を学ぶ学校であると、よくいう。この場合の愛は、むろん親子や肉親間の愛を超えたものである(後略)」
   『ひかりと愛といのち』より
   写真:浦臼町
 
6月:「詩というものは不思議なものだと思う。鉄砲や刀では人の心まで変えることはできないが、たった一行の詩が人の奥底にいつまでも生きることがある(後略)」
   『わが青春に出会った本』より
   写真:阿寒町
 
7月:「大きな失敗をした時は、誰がせめなくても、本人自身がいても立ってもいらぬほどに、自己を責めているものだ(後略)」
   『私の赤い手帳から』より
   写真:神威岬
 
8月:「人を励まし、希望と勇気を与えること、これこそ本当の人間の生き方ではないだろうか(後略)」
   『光あるうちに』より
   写真:美瑛町美馬牛
 
9月:「空の青さをしみじみ見つめながら私は思った。空の色と不調和な色があるだろうか(後略)」
   『この病をも賜として』より
   写真:美瑛町美馬牛
 
10月:「野の花がたとえ日陰であろうと谷の断崖であろうと、全く人目につかぬ場所であろうと、自分の命の限り咲いているということの尊さを思われた(後略)」
   『生かされてある日々』より
   写真:手稲山
 
11月:「<不機嫌は罪である>という言葉を何かで読んだことがある(後略)」
   『明日のあなたへ』より
   写真:美瑛町 青い池
 
12月:「人間という者は、人々が思っているほど年をとらないものだ(後略)」
   『ナナカマドの街から』より
   写真:美瑛町
 
 (文責:難波真実)
 

Share

【復刊しました】新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]

新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]
新装版『愛の鬼才』文庫本 [ 小学館 ]

皆さま、大変お待たせいたしました。
『愛の鬼才』の復刊です。
小学館からの発行となりました。
巻末の解説を森下辰衛氏(三浦文学館特別研究員)が担当しています。

“紙の本で読みたかった〜”という皆さま、ぜひお手にとってお読みくださいませ。

全国の書店でお求めになれます。こちらからどうぞ。

以下は、小学館による紹介文です。

(文責:難波真実)

———-

神を愛し、ひたすら人を愛した男の軌跡。
 
 人のため、伝道のためにその身を尽くした西村久蔵。神に愛され、神を愛し、そして人をひたすら愛したその生涯を、自らも久蔵の大きな愛に導かれた三浦綾子が辿った感動の伝記小説。
 明治三十一年小樽に生まれ、札幌で育った久蔵は、中学時代にキリスト教と出会い、数えで十八歳のときに受洗する。その後、札幌商業学校の教師として生徒たちと真剣に向き合い、創業した洋菓子店ニシムラでは事業主として多くの人たちに働く場を提供、頼ってくる者はどんな人でも拒むことなくいつでも大きな懐に招きいれた。「人の世話をするならば、とことんまでするべきだ。九十九パーセントではなく百パーセントするべきだ」。
 キリスト者でありながら、戦争に反対せず招集に応じて戦地に赴いた身を悔やみ、戦後は会社を抱えながら、教会への奉仕、伝道、病気見舞い、さらには引き揚者のための農村建設へと精力的に取り組んでいくが……。
 よく泣き、よく叱り、よく怒りもした。しかし、裏切りにあっても人を憎むことはなく、人を信じ続けた。なぜ、そんなにも深い愛を注ぎ続けられるのか。その大きさ、暖かさは、時を経ても多くの者の心を優しく包む。
 

Share