【すべてをお知らせします】『塩狩峠』50年事業

(塩狩峠50年事業)三浦綾子 和寒町 塩狩峠にて
(塩狩峠50年事業)三浦綾子 和寒町 塩狩峠にて
(塩狩峠50年事業)三浦綾子 上富良野町 十勝岳にて
(塩狩峠50年事業)三浦綾子 上富良野町 十勝岳にて
(塩狩峠50年事業)三浦光世 旭川市「氷点橋」(渡り初め)にて
(塩狩峠50年事業)三浦光世 旭川市「氷点橋」(渡り初め)にて
(塩狩峠50年事業) 小説『塩狩峠』を贈ろうキャンペーン応募用紙_201603
(塩狩峠50年事業) 小説『塩狩峠』を贈ろうキャンペーン応募用紙_201603

『塩狩峠』50年事業 すべてをお知らせします!!

 『塩狩峠』50年「三浦文学でまちおこし」の事業計画は、3月4日にマスコミを通して発表させていただきましたが、文学館のホームページ、公式フェースブックですべての内容をお知らせいたします。
 なお、事業計画の一覧は添付の別表でご覧ください。ここでは、主な事業について、その内容をお伝えしたいと思います。

(1)『塩狩峠』と『泥流地帯』の2つの特別展示
  三浦文学館は、毎年館内2階の展示室で3回にわけて企画展・特別展を開催しています。今年の展示は、文学館では初めてのことですが、3つの地域(三浦文学館を含め)で同時に「特別展」を開催することです。
  まず7月1日~10月28日に旭川市の三浦文学館で『塩狩峠』展、同じ時期に和寒町の図書館、公民館恵み野ホール、塩狩峠記念館でも同展を開催、また上富良野町では地元の要望もあり十勝岳爆発90年にふさわしい『泥流地帯』『続泥流地帯』の特別展を後藤純男美術館(5-6月)、保健福祉総合センター(7-8月)、土の館(9-10月)の3施設で展示します。隣接する3つのまちで小説の舞台をめぐり(フットパスなどで)、展示を観ながら三浦文学を心ゆくまで楽しんでいただきたいと思います。

(2)「三浦文学トライアングルの道」…「氷点の道」「塩狩峠の道」「泥流地帯の道」
  全国で初、作家の小説の名前をつけた3つの道。しかもトライアングルの形で廻れるのは稀なこと。どこか1つの街に1泊すれば、2日間で3つの道を充分に楽しめるのです。5月には、それぞれの道の「小説のあらすじ」や舞台となった場所の解説、街のグルメスポットや観光施設なども紹介される(?)パンフレットが完成します。出来上がりが待ち遠しいですね!三浦文学館や地域の観光案内所、空港などで無料配布されます。3つの道を歩く「イベント」(事業計画をご覧ください)に参加する場合は申し込みが必要です。

(3)スペシャルな2つの講演会・朗読会
  1つは、旭川市公会堂で開催される「朗読と講演スペシャル」です。朗読は、あのNTTの時報の声でおなじみ、日本「音の匠」の称号を持つ中村啓子さん。数年前から三浦作品『氷点』『道ありき』『塩狩峠』の朗読CDを販売、東京朝日カルチャーセンターの講師歴は数十年とか。講演は、池上彰さんとの対談本などいま幅広いジャンルで本を書きまくっている作家佐藤優さん。電話では、「中学生の時『塩狩峠』と出会い人生が変わった」という話をしており、本人「講演が楽しみ」という。講演のタイトルも「私と『塩狩峠』」。朗読.60分と講演80分の持ち時間2つのイベントを聞くことができることなんて、三浦文学館では初めてのことであり、大感激です。
  もう1つは、和寒町での8月7日NHKの現役アナウンサーによる「講演と朗読」です。詳細な未定のところもありますが、『塩狩峠』の町で聞くこのイベントは50年事業でしか実現しないことかもしれません。

 (4)イベント列車『塩狩峠』号
  JR旭川駅と塩狩駅を往復します。小説『塩狩峠』が描かれてから50年、半世紀の中でどれだけ多くのファンがこのJR宗谷線で「塩狩峠の旅」をしたことか。どの人にも自分だけの「心のアルバム」があるとしたら、50年に1度実現するこの記念イベント列車を楽しむ自分の姿を残してほしいと思います。そして、小説とともに友人・知人、恋人、家族、子ども、孫などに伝えていってほしいのです。

 (5)小説『塩狩峠』を贈ろう!全国キャンペーン
  かつて、こんなキャンペーンがあっただろうか。「文学館」が、次代の若者たちに、身近な大切な人たちに、自ら感動を受けた本をプレゼントしようという呼びかけをするのです。
  贈り主は相手に伝えたい「メッセージ」をしたためて本と一緒に贈るのです。(文学館に申し込むと実現します。)人間の愛と成長、なぜ犠牲になったかの深い決意。時代が変わっても伝えなくてはならない大切なものがあります。50年のこの時にこそ、あなた自身の「意味あるプレゼント」で伝えていただきたいのです。

 『塩狩峠』WEB発表用資料(PDFファイル)

(文責:松本道男)

Share

【記者発表をおこないました】『塩狩峠』50年事業 2016年3月4日

塩狩峠50年事業 記者会見 2016年3月4日
塩狩峠50年事業 記者会見 2016年3月4日
塩狩峠50年事業 新聞掲載記事 2016年3月5日
塩狩峠50年事業 新聞掲載記事 2016年3月5日

『塩狩峠』50年事業  記者会見

 三浦文学館では、これまで準備を進めてきた「『塩狩峠』50年事業」計画を昨日(3月4日)三浦文学館において記者発表しました。
 
 北海道新聞、朝日新聞はじめ読売、毎日、NHK、共同通信、各雑誌社、地方紙各社など多くの報道機関の皆さんにご出席いただき、事業の全体計画が日本全国に周知されることとなり本当にありがたいことです。(掲載した写真を拡大してお読みください)
 
 なお、三浦文学館ホームページやフェースブックで近日中に事業計画全体を掲載します。
 また、イベント列車『塩狩峠号』の運行、作家佐藤優と「音の匠」中村啓子の朗読会を同時に行う「講演と朗読スペシャル」、フットパスを歩くイベントなどの参加者の募集を4月1日から行いますが、募集要項についても文学館ホームページ等で周知します。
 
 事業に関するお問い合わせ、参加申し込みなどは三浦文学館へご連絡ください。(☎0166-69-2626)

(文責:松本道男)

Share

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(10)

『塩狩峠』50年「三浦文学でまちおこし」実行委員会 集合写真 2016年2月24日 三浦綾子記念文学館にて
『塩狩峠』50年「三浦文学でまちおこし」実行委員会 集合写真 2016年2月24日 三浦綾子記念文学館にて
北海道新聞記事「文学でまちおこし 三浦作品 舞台巡って」 2016年2月20日
北海道新聞記事「文学でまちおこし 三浦作品 舞台巡って」 2016年2月20日

 待望の「三浦文学でまちおこし」実行委員会が結成されました。『塩狩峠』50年事業を4月から中心になって進めていく「市民の組織」です。
 
 先日北海道新聞(2月20日 朝刊 全道版)で和寒町、上富良野町、旭川市でそれぞれ地域の実行委員会が結成されたことが報じられました(写真をご覧ください)が、24日には三浦綾子記念文学館でこの3つを束ねた全体の実行委員会ができあがったのです。(生き生きしているメンバーの皆さんの写真、ご覧下さい)
 
 たぶん、3つの地域(まち)が一緒になって、「文学を活用して」まちおこしをしようというのは全国でもめずらしいことで、実行委員長に就任した白井暢明さんは、「三浦文学のテーマである愛によって、それぞれの地域にいる人との絆をより広め深めていきたい」と、事業の意義を訴えました。
『塩狩峠』『泥流地帯』『氷点』ともミリオンセラーどころか何倍ものミリオンセラーとして読まれており、その作品が半世紀(50年)たったいまも新たなファンをつくり続けているからこそこうしたイベントができることであり本当に嬉しいことです。

 新しいニュースですが、「三浦綾子電子全集」というのをご存じでしょうか。三浦綾子の83の全作品がまとまって配信されている電子書籍です。アマゾンなどで配信されています。このダウンロード数を見ると、『氷点』と『塩狩峠』がダントツなのです。『氷点』は単行本の形式で、コミック本として今年4月に小学館から電子書籍で配信されます。「コミックファン」の多い若者にももっと読まれることを願っています。
さらに、電子書籍ではないのですが、4月には三浦綾子のエッセイ集も新たに発刊の予定です。

 この様な背景の中で生まれた今回の「文学でまちおこし」というイベント。どんな事業になるのか?みなさんも興味をもってこのニュースをご覧いただいたと思います。
 全体の事業発表は、マスコミを通して3月4日に発表します。
 また、文学館のホームページやフェースブックを通じては3月5日以降できるだけ早くその内容をお知らせしたいと思っています。
 約2カ月にわたって書かせていただいた「準備ニュース」は、今回をもって終わらせていただきます。
  お読みいただきありがとうございました。

(文責:松本道男)

Share