【入賞者発表】第16回 三浦綾子作文賞

今年度、作品を募集いたしました、第16回三浦綾子作文賞の入賞者が決定いたしましたのでお知らせいたします。

A.自由作文部門

最優秀賞
廣内 好(ひろうち このみ)
江別市立江陽中学校2年
「父の仕事のルーツ」

優秀賞 小学生の部
松本 悠理乃(まつもと ゆりの)
北海道教育大学附属旭川小学校2年
「小さな小さな道ばたのお花」

優秀賞 高校生の部
渡部 祥乃(わたなべ さちの)
目黒星美学園中学高等学校 高校2年
「糖尿病と闘うということ」

優秀賞 高校生の部
安村 康太郎(やすむら こうたろう)
鹿児島県立鹿児島工業高等学校2年
「緑と光の眩しい世界を」

B.読書感想文部門

最優秀賞
浅場 萌(あさば もえ)
玉川聖学院高等部1年
「関係からうまれるもの 『氷点』を読んで」

優秀賞 中学生の部
高島(高は旧字) 瑠太(たかしま りゅうた)
北海道教育大学附属旭川中学校2年
「『氷点』について」

優秀賞 中学生の部
松山 未佳(まつやま みか)
北海道教育大学附属旭川中学校2年
「『塩狩峠』と私の正義」

※自由作文部門 優秀賞の中学生の部、
 読書感想文部門 優秀賞の高校生の部は、いずれも該当がありませんでした。

学校特別賞

北海道教育大学附属旭川中学校
旭川市立北都中学校
北海道網走桂陽高等学校

多数のご応募をありがとうございました。
2015年1月10日(土)に、文学館にて表彰式をおこないます。

準備が整いましたら、入賞作品をご覧いただけるように掲載いたします。

(文責:難波真実)

Share

【市民文化コラボレーション】1月17日(土)から2月1日(日)南 正剛 作陶展

南正剛 作陶展 1月17日から2月1日
南正剛 作陶展 1月17日から2月1日
南正剛 作陶展 1月17日から2月1日
南正剛 作陶展 1月17日から2月1日

三浦文学館では、下記の通り【市民文化コラボレーション】の行事を開催いたします。

南正剛 作陶展

会期:2015年1月17日(土)から2月1日(日) 計14日間
   ※1月19日(月)と26日(月)は休館日です。
会場:三浦綾子記念文学館 1階中央ホール
入館料:大人500円 大学・高校300円 中学・小学100円

皆空窯代表の南正剛(みなみ せいごう)さんの作陶展です。
「GAZE」(凝視)~内省への誘い~」をテーマに、
陶板レリーフがずらりと展示されます。
また、「『氷点』出版50周年記念ポール」(6月から9月にかけて見本林で展示されたオブジェ)もお目見えします。
南さんの力作を目にするチャンスです。ぜひおいでください。

また、南さんからの素敵なご提案で、
「『氷点』出版50周年記念ポール」を来場者の方を対象にプレゼントしてくださることになりました。
50名様に抽選でプレゼントいたします。
ご希望の方は、会期中に文学館でお申込みください。
 ※当選者には、会期終了後、文学館でお渡しいたします。遠距離で難しい場合は、郵送も可能です(実費をご負担いただきます)。

皆空窯WEBサイト

「GAZE」(凝視)~内省への誘い~」
形が空間の中で見つめられ、又見る人(作者自身を含む)を見つめ返す。
「GAZE」レリーフ数十点による空間で作品と向き合った時に視線の先に映って見えるものとは!

皆様のおいでをお待ちいたしております!

(文責:難波真実)

Share

【復刊しました】『したきりすずめのクリスマス』絵本 [ ホームスクーリング・ビジョン ]

絵本 したきりすずめのクリスマス
絵本 したきりすずめのクリスマス

皆さま、大変お待たせいたしました。
『したきりすずめのクリスマス』の復刊です。

三浦綾子の戯曲『珍版舌切雀』を改題し、
絵本として出版された作品です。
品切れとなっていましたが、このたび再販となりました。

“クリスマスプレゼントに間に合った〜”という皆さま、ぜひお手にとってご覧くださいませ。

文学館WEBショップでもお求めになれます。こちらからどうぞ。

文 三浦綾子 Ayako Miura
絵 みなみななみ Nanami Minami
英文 アーデン・ルイス Arden Lewis
推薦 星野富弘 Tomihiro Hoshino

カラー 80ページ
初版 2008年12月
第二版 2014年12月

発行 ホームスクーリング・ビジョン株式会社

(文責:難波真実)

Share