今年、三浦綾子の小説『氷点』が朝日新聞社の懸賞小説に入選して50年をむかえます。
それを記念して本年度に三浦綾子記念文学館で開催する展示は、『氷点』をテーマに3回の企画展を行ないます。

第1弾は、追体験で味わう“『氷点』の聖地”見本林です。

本展では『氷点』に描かれた見本林の描写と人間の深層心理や物語との関連を解明した展示内容をご覧いただいたのち、見本林のそれぞれの場所を歩いてドラマを追体験していただこうというこころみです。
それぞれの感性で現実の林に小説世界を再現し、『氷点』の登場人物たちに思いを馳せていただきたいと思います。
会期は4月1日(火)から6月29日(日)です。
皆様のご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております。

『氷点』3連続企画展(1) 見本林 1

『氷点』3連続企画展(1) 見本林 1

『氷点』3連続企画展(1) 見本林 2

『氷点』3連続企画展(1) 見本林 2

(文責:小泉雅代)