ぶんまちnews・file<7>

 『塩狩峠』50年事業 ポスター・パンフレット(ぶんまち-07)
『塩狩峠』50年事業 ポスター・パンフレット(ぶんまち-07)
 『塩狩峠』50年事業 ポスター・パンフレット(ぶんまち-07)
『塩狩峠』50年事業 ポスター・パンフレット(ぶんまち-07)

ぶんまちnews・file<7>

『塩狩峠』50年イベント・ポスターとパンフレットできました!!!

 3つの街の連携とそれぞれの地域を舞台にした3小説。和寒『塩狩峠』では峠の急勾配を力強く走っていた蒸気機関車、上富良野『泥流地帯』では秋の紅葉に煌めく樹木を手前に、澄み切った青空を背に泥流の跡が彫り込まれた十勝岳、そして旭川『氷点』では「美しくて不気味な」森と三浦綾子が評した外国樹種見本林と見事に溶け合う三浦綾子記念文学館(2002年旭川市都市景観賞受賞)が圧倒的迫力で迫る大型ポスター。パンフレットでは、3つのまちでこれから開催されるイベントを全て紹介。カレンダーも載っているからとても便利です。

 実行委員会と文学館では、この宣伝物を道内全市町村にも配布していますが、特に旭川市近郊や和寒町、上富良野町では街を訪れる観光客の皆さんがどこに行っても手に入れることができるように公共施設、観光施設、温泉街、道の駅、旭山動物園、文学館、美術館、図書館、ホテル、レストラン、土産品店など500箇所を超える場所に置いています。

<お願い>

 文学館では、パンフレットの内容をホームページやフェースブックでも見ることができるようにしていますが、イベントを全国に宣伝することはなかなか難しいことです。そこで、全国の三浦文学ファンのみなさまのなかで、自分の街でも「ポスター貼ってあげるよ」という協力者を求めています。
 文学館(☎0166‐69‐2626)に問い合わせいただければお送りいたします。(枚数に制限がありますのでご了承ください)

(文責:松本道男)
 

Share