第18回三浦綾子作文賞

第18回三浦綾子作文賞 入賞作品集(PDFファイル)
 
■経過報告

第18回三浦綾子作文賞の募集は、2016年7月初旬、各学校の皆様へポスターやチラシの配布、本文学館のホームページや各報道機関を通して行ないました。
締切りの10月31日までに道内外から51編、A自由作文部門29編(「小学生の部」1編・「中学生の部」25編・「高校生の部」3編)、B三浦綾子読書感想文部門22編(「中学生の部」16編・「高校生の部」6編)の応募がありました。
11月6日に第一次選考を行い、選考対象を20編、A自由作文部門11編(「小学生の部」1編・「中学生の部」7編・「高校生の部」3編)、B三浦綾子読書感想文部門9編(「中学生の部」6編・「高校生の部」3編)に絞り込みました。
12月4日(日)の最終選考委員会での審査の結果、下記のとおり最優秀賞 2編、優秀賞6編、学校特別賞2校が選ばれました。
2017年1月14日(土)、三浦綾子記念文学館1階ホールにて、受賞者全員が出席し、表彰式がおこなわれました。

■入賞者

最優秀賞
 A.自由作文部門
 
     暗闇を超えて
     ナップ アリエル
     (東京都千代田区立麹町中学校 1年) 

 B.読書感想文部門

     『道ありき』に学ぶ生き方
     ナップ ダニエル
     (東京都立国際高等学校 1年)

優秀賞
 A.自由作文部門

  「小学生の部」
該当者なし 

  「中学生の部」

     加速する「時間」の中で
     藤原 陽香
     (旭川市立神楽中学校 3年)

     大切なこと
     佐々木 楓乃
     (新潟県佐渡市立佐和田中学校 1年)

  「高校生の部」

     いつも笑顔で 〜教師になる!〜
     阿部 朱里
     (山口県立山口高等学校通信制 2年)

 B.読書感想文部門

  「中学生の部」

     命を懸けた思いやり
     秋田 康輝
     (インターナショナル・カルバリー・アカデミー 中学2年)

     『母』
     吉原 十也
     (インターナショナル・カルバリー・アカデミー 中学3年)

  「高校生の部」

     春へのはしご
     中島 ひさの
     (成蹊中学・高等学校 高校1年)

 学校特別賞
北海道教育大学附属旭川中学校
旭川市立忠和中学校

■選考委員
・片山 晴夫氏(北海道教育大学名誉教授)
・加藤 多一氏(作家・児童文学)
・神谷 忠孝氏(北海道文教大学教授)
・大橋 賢一氏(北海道教育大学准教授)
・片山 礼子氏(旭川大学非常勤講師)

■主催
公益財団法人三浦綾子記念文化財団

■後援
・北海道教育委員会
・旭川市教育委員会
・北海道新聞旭川支社
・朝日新聞旭川支局
・毎日新聞旭川支局
・読売新聞旭川支局
・あさひかわ新聞
・NHK旭川放送局
 

第18回三浦綾子作文賞 入賞作品集(PDFファイル)
 
(文責:小泉雅代)