【受講生募集】第8期 三浦文学案内人養成講座

毎年11月~3月の休館日に開催している案内人養成講座も今年で8回目を迎えました。
三浦文学案内人というのは、文学館でミニガイドをするボランティアさん。
お客様との会話を楽しみながら1階の常設展をご案内し三浦文学の背景をご紹介する、そんなお仕事です。

三浦綾子は北海道を舞台にした作品を40あまり書いています。そのうち旭川近郊を舞台にした作品はデビュー作『氷点』をはじめ24作品。
旭川の街や人々の暮らし、北海道の自然など旭川に住んでいるからこそ訪れたお客様に伝えられること、実はたくさんあるのです。
三浦文学を読んだことない方も、案内人はちょっと……という方も、「旭川生まれで旭川に住み続けた」綾子のことを少しでも知って頂けたらと思います。
講師を勤めてくださるのは、文学館特別研究員の森下辰衛先生。
募集締切は★11月10日(金)★です。
ご希望の方は文学館(0166-69-2626)まで、お電話にてお申し込みください。

Share