常設展リニューアル及び臨時休館のお知らせ

三浦綾子記念文学館は6月13日で20周年を迎えます。それに先立ち、1階の常設展示と2階の図書室・視聴覚室をリニューアルいたします。
旭川の作家・三浦綾子にもっと親しみをもってほしいという願いから、1階の展示室で「三浦綾子の背景に触れる」「作家活動に触れる」「言葉に触れる」をテーマにご紹介していきます。
展示室に入ると木をイメージしたパネルに6つの穴……?!とにかく「触れる」ですから手を伸ばしてみてください。パネルや映像では綾子の作家活動35年間をご紹介していきます。
また、天井から降ってくる綾子のメッセージを見上げてみてください。お客様に綾子への一言を書いてペタッと貼って頂くテーブルをご用意していますので、ぜひ参加してくださいね。
その中から、上半期・下半期で「綾子への手紙」大賞を発表いたします!
2階の図書室・視聴覚室では、『氷点』『塩狩峠』『銃口』など映像化された作品や綾子の講演映像など100点を自由にご覧頂けるようにしました!
お好きな映像を選んでご覧になれますのでどうぞゆっくりお過ごしください。

このリニューアル工事のため、3月27日(火)から31日(土)までは臨時休館とさせて頂きます。
4月1日(日)からは通常通り開館(月曜休館)いたします。1階は展示替え中ですが喫茶のご利用は可能ですし、2階展示室では『泥流地帯』・『続泥流地帯』の企画展を開催いたします。
そして4月6日(金)9時にリニューアル・オープン!お待ちしています!

3月27日(火)~31日(土)休館
4月1日(日)~通常開館 ※月曜休館、月曜祝日の場合は翌日
4月6日(金)9時 リニューアル・オープン

Share