『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(3)

氷点橋(絵:三井ヤスシ)
氷点橋(絵:三井ヤスシ)
旭川ラーメン3食セット 氷点・塩狩峠・北国日記
旭川ラーメン3食セット 氷点・塩狩峠・北国日記
菓子「氷点」(壺屋)
菓子「氷点」(壺屋)

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(3)

 それぞれのまちに、ワンフレーズでまちのイメージを印象づける「まちの代名詞」と言われるものがあります。

 お役所が命名することは少ないのですが、その街に住む人たちがさまざまな活動や地域の特徴を伝え広めてできることが多いのが通例です。そう考えると、三浦綾子の小説『氷点』も旭川の代名詞の一つかもしれません。世界各地や全国から三浦文学ファンでなくても、『氷点』といえば旭川、を連想するからです。

 一方、同じ三浦小説である『塩狩峠』『泥流地帯』は、名は知っていてもその舞台となった場所が和寒町や上富良野町であることを知らない人が多くいるのも事実です。
『塩狩峠』が50年目を迎えたこの時こそ。和寒のまちの代名詞として、「塩狩峠のまち・和寒」となると、いいですね。
 「泥流地帯のまち・上富良野」「氷点のまち・旭川」と隣り合う3つのまちの代名詞に三浦小説の名がついているとしたら、全国にも稀有なこととして注目されるのではないでしょうか。

3年前、三浦綾子生誕90年記念講演が旭川市で開催されたとき、講演で作家の海堂尊さんは「旭川のまちにはいまも三浦文学が根付いている」と驚きを持って話しました。その証左としてあげたのは、JR旭川駅横の川の橋が市民公募で「氷点橋」と名付けられたことや橋から文学館までの道が「氷点通り」になっていることです。確かに…。旭川のまちは、つい最近でも「氷点地ビール」「氷点ラーメン」「氷点の菓子」「レストランなどでの氷点スィーツ」など、次々とあらたな「氷点」が顔を見せています。
 
 地域にある文学館がいかに市民の活動と結びついて豊かな地域文化を育てていくかは大事なことです。そうした思いで、新しい年には『塩狩峠』『泥流地帯』『氷点』の舞台となった「まち」に3つの「小説の名を冠したフットパスコース」を作るなど、まちと小説の名前をぴったりとくっつける活動で、「まちの代名詞」をつくりたい!!のです。

(文責:松本道男)
 

Share

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(2)

「塩狩峠50年」上富良野 後藤純男美術館で
「塩狩峠50年」上富良野 後藤純男美術館で
「塩狩峠50年」冬に塩狩峠駅を訪れるのはほとんどないのだが
「塩狩峠50年」冬に塩狩峠駅を訪れるのはほとんどないのだが
「塩狩峠50年」名寄方面からのJR列車が。『塩狩峠』50年の第1回の打ち合わせの、偶然を感じたひとコマ。
「塩狩峠50年」名寄方面からのJR列車が。『塩狩峠』50年の第1回の打ち合わせの、偶然を感じたひとコマ。
「塩狩峠50年」対をなす塩狩峠記念館の古家と赤い屋根の玩具のようなヒュッテ。一面に真っ白な雪のうえに、ドラマが生まれそう……。
「塩狩峠50年」対をなす塩狩峠記念館の古家と赤い屋根の玩具のようなヒュッテ。一面に真っ白な雪のうえに、ドラマが生まれそう……。

 12月16日。『塩狩峠』50年記念事業の打ち合わせのため、塩狩峠へ向かった。前夜の雨で気温の一段と低い峠は、「スケートリンク状態にある」ことを恐れていた。が、杞憂。三浦綾子「塩狩記念館」の横に3年前につくられたおもちゃ箱のような可愛らしい色とつくりの「塩狩ヒュッテ」が打合せ場所だ。
 3年前に和寒町にUターンをしてヒュッテを新築、経営をしながら地元新聞の記者やまちづくり活動に精力的な合田俊幸さんらが待ちかまえている。彼らはすでに数年前から、『塩狩峠』にかかわるイベントをやっていて、「50年」にかける思いと情熱は溢れんばかり。今回の事業でも中心的な役割を果たしてくれるという。とても心強い。
 『塩狩峠』の事業の一つ、フットパスの話になった。一つの案が持ち上がった。
「旧国道」(現在は和寒町所有地)を活用しては、というのである。JR蘭留駅から塩狩峠駅までの国道を想定していた私には、意外であった。
おもしろいかもしれない。
 
 12月17日。続いて上富良野町。小高い丘の上にある日本画家の大御所後藤純男の美術館へ。レストラン。窓下に広がるパッチワークが、魚眼レンズで見るように広がる。十勝岳を少しのけぞりながら仰ぎみる美しい街、上富良野町が一望できる場所である。
 毎年全国から参加者を募ってフットパスのイベントをしている佐川泰正さん。NPO法人野山人の代表。町の商工会長でもある。美術館の案内カリスマ小野寿樹さんも加わる。
 綾子さんは『泥流地帯』の取材で溶岩が流れ出た頂上付近にまで登って"爆発"を体感した。開拓の沢にあって幼い子供たちが11人も亡くなった学校跡地も。これら災害の犠牲と苦難、復興への希望をつなぎ歩く「泥流地帯の道」。
これから佐川さんら事業実行委員会で道づくりを進め、来年春に爆発90年の道を歩く。そして、歩き終わった夜には……。
『泥流地帯』の朗読を楽しもう、というのである。
 
(文責:松本道男)
 

Share

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(1)

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(1)
『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(1)

『塩狩峠』50年 「三浦文学でまちおこし」(1)

 来年は『塩狩峠』50年。半生記で読まれた数はなんと370万部を超えました。近年の電子書籍のダウンロード数も『氷点』と同じくらい読まれているのです。これって、若い世代も読んでいるということですよね。本当にすごい作品です!
 
 『塩狩峠』50年の事業準備がいよいよホンカクテキになってきました。
 
 事業の看板は……。「三浦文学でまちおこし」いったいなにをするの!と思われる方もいるでしょう。そのタネを、これからご紹介します。
 
 皆さんご存知のように、旭川市には『氷点』の舞台となった外国樹種見本林があります。『塩狩峠』はクライマックスはJR宗谷線(旭川駅から稚内駅までの区間)の塩狩駅、和寒町にあります。『泥流地帯』の起点となったのは大雪山十勝岳の大噴火、上富良野町です。これら三浦3作品のいずれもミリオンを超える小説の地域(まち)は、隣り合っているのです。そして……、偶然は重なるものです。『塩狩峠』50年と機を一にして、『氷点』ドラマ化映画化50年、十勝岳爆発90年と、ともに来年節目を迎えます。
 
 そうです。今回の発想のキーワード、それは「節目」、「隣接」、「小説」でした。
 
 12月10日。
 三浦文学館に、3つの地域で活動をする市民グループとそれを応援する自治体の皆さんが集まりました。いよいよ「三浦文学でまちおこし」活動の始まりです。
 どんな妙案や珍案がでてくるのでしょう。知恵は地域の市民の中にあります。
 三浦綾子記念文学館ではこの準備の様子を1週間に1度の割合で発信します。
 ご期待ください!
 
 (文責:松本道男)

塩狩峠50年
塩狩峠50年
Share