三浦文学の旅

ic2

魅力のモデルコース
三浦文学の旅

三浦綾子は教員時代の2年間を除いて生涯を旭川で過ごし作家活動を続けました。作品の多くは、ふる里旭川と北海道の自然や人々の暮らし、開拓から続く歴史などを生き生きと描かれています。
三浦綾子の文学は、作品を読むだけでなく自ら「探究し、体験する文学」です。珠玉の「ことば」に逢い、北の「地」に逢い、ふるさとの「歴史」に逢うなかで「人はいかに生きるか」を見つけてほしい。三浦文学館は、その出逢いの「個性あふれる旅」を多彩に提供します。

三浦文学の旅は只今準備しております。

Share