三浦綾子記念文学館オフィシャルサイト MIURA AYAKO LITERATURE MUSEUM 《ひかりと愛といのち》をテーマに。 三浦綾子記念文学館は全国からのあたたかい募金によりつくられました

三浦文学案内人

  • HOME »
  • 三浦文学案内人
ic11

お気軽に少人数でも
三浦文学案内人

近年三浦文学館を訪れる個人やグループの来館者が増えています。三浦文学館は、団体への案内・説明だけでなく、2013年5月からこうした個人・グループでの来館にも可能な限り案内・説明(希望者のみ)をおこなっています。案内人は三浦文学館で独自に養成したボランティアの案内者「三浦文学案内人」が務めています。
「個人やグループの来館者に対するきめ細かな案内はたいへんありがたく、楽しみが増えました」と大変好評です(案内人のいない日もあります)。
 
 
なぜ、案内人か

三浦文学館ではこれまで、館内案内については、事前に申込みがあった団体を対象におこなってきました。
しかし、個人や小グループのお客様にもできるだけ細やかに、文学館のことや三浦作品のこと、小説『氷点』の舞台である「外国樹種見本林」のことを案内できないものかと考え、2010年から、ボランティアによる案内活動の仕組みづくりを考え、案内人の養成をおこなってきたのです。
その結果、現在(2016年)は19名の案内人が在籍し、そのうちの10名が案内活動をしています。

案内人のご紹介(どんな人が案内をしているのか、ご紹介します)
 

現在、案内人が活動する日は限られていますが、活動日には文学館受付カウンターに掲示をしていますので、それをご覧いただき、お申し出ください。
また、2016年1月から、ご予約をいただけるようになりました。予約カレンダーでぜひお申し込みください。
予約カレンダーにご希望日がない場合でも、対応できる場合がありますので、お気軽にお電話ください( 0166-69-2626 )。

案内の対象は、個人や10名様までのグループに限ります(団体のお客様の案内は、団体入館としてお申し込みください)。
案内人活動の所用時間は、約20分です。
案内人はボランティアであり、三浦文学の専門家ではありませんので、それぞれの案内人の知識の範囲内で案内をいたしますので、その点につきましてはあらかじめ充分にご理解ください。

【案内活動のルールとしてご了解いただきたいこと】

・案内活動に関する料金は無料です(文学館への入館料のみでご利用いただけます)。
・案内人個人への謝礼や金品は、一切お断りいたします。
・喫煙や、指定場所以外での飲食などは入館ルールとして禁じられております。
・大声での会話、案内人活動とは無関係の質問などはご遠慮ください。

・写真撮影はOKです(但し、展示物の接写はご遠慮ください)。
・案内中でも、途中で終えることはできますので、お気兼ねなくお申し出ください。

三浦文学案内人のご予約受付
「三浦文学案内人」による館内案内のご予約を承っております。
下のカレンダーからご予約ください。ここに掲載のない日についても対応できる場合がありますので、お電話ください( 0166-69-2626 )。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebook
  • twitter

過去の履歴

サイト内検索

Copyright © 公益財団法人 三浦綾子記念文化財団 All Rights Reserved.