終戦75年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ」

終戦75年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ

 今年は『銃口』の連載開始から30年。同じく『青い棘』が40年を迎えます。両作品に共通する内容として、第二次世界大戦に由来する悲惨な事件が挙げられます。それは共に、国家と民衆の関係が問われる、極めて悪質で容赦しがたい出来事でした。

 一つは1940〜41年の「北海道綴方教育連盟事件」、もうひとつは1944年の「中国人強制連行事件」(東川町)です。

 『銃口』は『母』と共に“三浦綾子の遺言”と呼ばれ、彼女にとっての昭和と戦争を総括した作品として知られます。『青い棘』はそれより10年遡りますが、すでにその主題に近づいており、円熟期にさしかかったことを示す重要な作品だといえるでしょう。

 作品全体を通じて、“生きよ”とメッセージを投げかけてくる彼女は、国家の犯した罪をあぶり出すだけでなく、読む私たちにも、「あなたは、それでいいのか?」と問います。

 教師生活を通して社会を知った彼女は、“国民”としてその罪に加担したことの責任の重大さを、一身に引き受けようとしました。それこそが三浦文学の底流となります。

 今回の展示では、物語の主人公たち、そして作者自身が見ていた時代と景色を、探ってみたいと思います。ぜひ、ご覧ください。

「戦争を起こさないための200冊」も展示します。

企画担当者が、“ 今、手に入る本 ”を中心にセレクト。夏・冬の課題図書選びや自由研究の下調べにもお使いいただけるのではないでしょうか。展示室でゆっくりお読みになれます。

会期:2020年4月4日(土)〜2021年3月21日(日)

会場:三浦綾子記念文学館 本館2階企画展示室
   (北海道旭川市神楽7条8丁目2番15号)※JR旭川駅から南へ車で約3分

入館料:大人 700円 学生 300円 ※高校生以下は無料

—— 小説『銃口』を読みたいときには ——

□小学館文庫 ※文庫、電子書籍
(上巻) https://www.shogakukan.co.jp/books/09402181
(下巻) https://www.shogakukan.co.jp/books/09402182

□角川文庫 ※文庫、電子書籍
(上巻) https://www.kadokawa.co.jp/product/200906000373/
(下巻) https://www.kadokawa.co.jp/product/200906000374/

■文庫版は三浦綾子記念文学館WEBショップでもお求めになれます
https://www.hyouten.net/?mode=grp&gid=886521

—— 小説『青い棘』を読みたいときには ——

□講談社文庫 ※文庫
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000159930

□小学館電子全集 ※電子書籍
https://www.shogakukan.co.jp/digital/09D015850000d0000000

■文庫版は三浦綾子記念文学館WEBショップでもお求めになれます
https://www.hyouten.net/?pid=77343563

【表彰式は1月11日(土)午後2時から】第21回三浦綾子作文賞 受賞者決定!

■経過報告
第21回三浦綾子作文賞の募集は、2019年5月初旬~中旬、各学校の皆様へチラシの配布、本文学館のホームページや各報道機関を通して行いました。
締切りの10月31日までに道内外から164編、A自由作文部門 127編(小学生14編、中学生92編、高校生21編)、B課題図書部門 37編(中学生30編、高校生7編)の応募がありました。
11月5日(火)に第一次選考を行い、選考対象31編、A自由作文部門17編(小学生3編・中学生10編・高校生4編)、B課題図書部門 14編(中学生10編・高校生4編)に絞り込みました。
12月6日(金)の最終選考委員会での審査の結果、別紙のとおり、最優秀賞2編(A・B各1編)、優秀賞3編、上富良野町賞1編、和寒町賞1編が選ばれました。

■入賞者
A.自由作文部門

〔最優秀賞〕
自分を信じる心がかなでるハーモニー
『今日からは、あなたの盲導犬』を読んで

波多美理愛
白百合学園小学校(東京都) 3年

〔優秀賞〕
私の弟
市川莉子
立命館慶祥中学校(北海道江別市) 3年

B.課題図書部門 (課題図書 『氷点』『塩狩峠』『道ありき』『泥流地帯』『細川ガラシャ夫人』『母』『銃口』)

〔最優秀賞〕
私の道 ※『道ありき』感想文
豊田花奈
女子学院中学校(東京都) 3年

〔優秀賞〕
『母』 ※『母』感想文
橋本心寧
北海道教育大学附属旭川中学校 2年

『氷点』と自殺 ※『氷点』感想文
金光詩浦
京都女子高等学校(京都府) 2年

〔上富良野町賞〕
びっくりぎょう天 ハチごはん ※『季節のごちそう ハチごはん』感想文
日下晴斗
角田市立北郷小学校(宮城県) 4年

〔和寒町賞〕
犠牲の意義 ※『塩狩峠』感想文
宮島梧子
女子学院高等学校(東京都) 2年

〔学校特別賞〕
立命館慶祥中学校(北海道江別市)
北海道教育大学附属函館中学校
北海道教育大学附属旭川中学校

■選考委員
・加藤多一氏(作家・児童文学)
・大橋賢一氏(北海道教育大学教授)
・村田裕和氏(北海道教育大学准教授)
・片山礼子氏(旭川大学非常勤講師)
・上出恵子氏(九州産業大学教授)
・挽地真紀子氏(小学館文芸部「きらら」編集長)
・横山百香氏(北海道新聞事業局出版センター)
※片山晴夫氏(北海道教育大学名誉教授)は、本年6月12日に逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。

■ゲストコメンテーター
・深川麻衣さん(女優・乃木坂46メンバー元メンバー)

■主催
三浦綾子記念文学館

■共催
・北海道新聞旭川支社
・上富良野町
・和寒町

■後援
・北海道教育委員会
・旭川市教育委員会
・朝日新聞旭川支局
・毎日新聞旭川支局
・読売新聞旭川支局
・あさひかわ新聞
・NHK旭川放送局
・共同通信旭川支局
・北海道書店商業組合

(文責:長友あゆみ)

第21回三浦綾子作文賞 作品募集のご案内

第21回三浦綾子作文賞 作品募集
第21回三浦綾子作文賞 作品募集

21回目を迎える三浦綾子作文賞は、これまで多くの方々の応募と協力によって開催されてきました。
このたび、主催を財団から三浦綾子記念文学館に変更し、共催に北海道新聞旭川支社と上富良野町、和寒町に加わっていただき、北海道を代表する作文賞となることを目指して、地域の力で進めてまいります。
また、選考委員には、新しく上出恵子さん(九州産業大学教授)、挽地真紀子さん(小学館文芸部「きらら」編集長) 、横山百香さん(北海道新聞事業局出版センター)が加わってくださり、幅広い顔ぶれの体制となりました。
そして、今回から「ゲストコメンテーター」も登場。2018年4月に『塩狩峠』を原作とした舞台「ふじ子の恋」で主演を務めた女優・深川麻衣さんが、最優秀賞作品へのコメントをくださいます。深川さんは女優として幅広くご活躍ですが、特に舞台「ふじ子の恋」では原作を読み込み、三浦綾子の作品世界を情熱的に表現されました。そのご縁から今回お願いし、快くお引き受けくださった次第です。
全国の小学生、中学生、高校生の皆さんが、たくさん応募してくださり、新しい言葉の世界を切り拓いて下さることを願っています。

募集要項は、こちらからダウンロードしてください(応募用紙も付いています)。

お問い合わせは、メール(toiawase@hyouten.com)か、電話(0166-69-2626)でお寄せください。

作品募集期間:2019年7月1日〜10月31日(当日消印有効)
募集部門:A.自由作文部門 B.課題図書部門
対象:全国の小学生・中学生・高校生(高校相当の各種学校等を含む)
選考委員:片山晴夫・加藤多一・大橋賢一・村田裕和・片山礼子・上出恵子・挽地真紀子・横山百香
ゲストコメンテーター:深川麻衣
賞:最優秀賞・優秀賞・上富良野町賞・和寒町賞
入賞発表:2019年12月上旬
表彰式:2020年1月11日

主催:三浦綾子記念文学館
共催:北海道新聞旭川支社・上富良野町・和寒町
後援:北海道教育委員会・旭川市教育委員会・朝日新聞旭川支局・NHK旭川放送局・読売新聞旭川支局・毎日新聞旭川支局・あさひかわ新聞・共同通信旭川支局・北海道書店商業組合

(難波真実)