三浦綾子小説作品 はじめの一歩

“はじめの一歩”とは?

三浦綾子の作品を〝書き出し〟でご紹介する読み物です。
気に入りましたら、ぜひ続きを手に入れてお読みください。出版社の紹介ページへのリンクを掲載していますので、そちらからご購入になれます。紙の本でも、電子書籍でも、お好きなスタイルでお楽しみくださいませ(一部、電子書籍のみの本もあります)。物語との素敵な出会いがありますように。

三浦綾子記念文学館 館長 田中綾

現代小説

『氷点』
『続氷点』
『ひつじが丘』
『積木の箱』
『塩狩峠』
『裁きの家』
『自我の構図』
『帰りこぬ風』
『残像』
天北てんぽく原野』
『石の森』
『広き迷路』
『泥流地帯』
『続泥流地帯』
『果て遠き丘』
『青いとげ
『水なき雲』
『嵐吹く時も』
『雪のアルバム』
『あのポプラの上が空』
『銃口』

自伝小説

『草のうた』(幼少期)
『石ころのうた』(学生・教員期)
『道ありき』(療養期)
『この土の器をも』(新婚期)

【歴史小説】

『細川ガラシャ夫人』
千利休せんのりきゅうとその妻たち』
海嶺かいれい

【伝記小説】

『岩に立つ』
『愛の鬼才きさい
『ちいろば先生物語』
『夕あり朝あり』
『われ弱ければ』
『母』

短編小説

『井戸』
『足』
『羽音』
『奈落の声』
『どすぐろき流れの中より』
『病めるときも』
『死の彼方までも』
『赤い帽子』
『足跡の消えた女』
『逃亡』
『尾燈』
『喪失』
『貝殻』
『壁の声』
『毒麦のとき
『雨はあした晴れるだろう』
『この重きバトンを』
『茨の陰に』
『片隅のいのち』
『カッコウの鳴く丘』
『長いトンネル』

タイトルとURLをコピーしました