三浦光世『綾子へ』『妻と共に生きる』小学館より電子書籍配信!

企画展「ほほ笑みの向こう側-三浦光世展」はご覧になりましたか?
文学館館長を12年間務めた三浦光世は、作家でもありました。小学館より、光世の自伝『青春の傷痕』や三浦綾子の執筆に関するエピソード『三浦綾子創作秘話』などを含む著作18作品の電子書籍化が決まりました!
4月28日に配信開始された第一弾は『綾子へ』『妻と共に生きる』です。

『綾子へ』は、三浦綾子を見送った一年後の2000年、光世が綾子との思い出や近況を手紙として綴ったエッセイ。冒頭には綾子への挽歌綴られ、光世の深い思いが伝わってきます。

『綾子へ』

『妻と共に生きる』は綾子の晩年の1995年、結婚生活を振り返りながら口述筆記や営林局退職にまつわるエピソードを綴ったエッセイ。光世の温かいまなざしを通して描かれる綾子の姿からも二人の穏やかな生活が伺えます。

『妻と共に生きる』

どちらも読み終わった後、心が温かくなる一冊です。

小学館では5月以降も毎月下旬に配信を予定しています。
5月『共に歩めば』『死ぬという大切な仕事』
6月『夕風に立つ』『三浦綾子創作秘話』
7月『愛に遠くあれど』『吾が妻なれば』
8月『太陽はいつも雲の上に』『希望は失望に終わらず』
9月『夕映えの旅人』『綾子・光世 愛つむいで』
10月『妻・三浦綾子と生きた40年』『愛と光と生きること』
11月『二人三脚』『綾子・光世 響き合う言葉』
12月『青春の傷痕』『ジュニア聖書物語』

なお、上記の作品のうち、現在、文学館や書店でお求め頂けるのは下記のとおりです。
『死ぬという大切な仕事』(光文社文庫)
『夕風に立つ』(教文社)
『三浦綾子創作秘話』(小学館文庫)
『夕映えの旅人』(日本キリスト教団出版局)
『綾子・光世 愛つむいで』(北海道新聞社)
『綾子・光世 響き合う言葉』(北海道新聞社)

(文 長友あゆみ)

Share

【ありがとうございました】旭川東高校「俳句甲子園」

旭川東高校文芸部 俳句甲子園 2015年8月29日
旭川東高校文芸部 俳句甲子園 2015年8月29日
旭川東高校文芸部 俳句甲子園 2015年8月29日
旭川東高校文芸部 俳句甲子園 2015年8月29日

2015年8月29日、旭川東高校文芸部による「俳句甲子園」がおこなわれました。
のちほど、ほんの少しですが動画もアップしたいと思います。
今回の兼題は「愛」。
この壮大なテーマを、高校生たちがどのように詠むのか興味津々でしたが、さすが。
高校生ならではの感性で、素敵な句でした。
この行事は、試合形式。
2組に分かれて、それぞれ句を披露し、持ち時間の中で討議をし、会場に判定をしてもらうというスタイルです。
この“討議”がおもしろい(^^) 
ほお、なるほどというやりとりがあったり、おもわず笑ってしまうようなツッコミがあったりと、目が離せません。
惚れ惚れしました。
皆さま、お近くでこのような試合があったら、ぜひ参観してみてください。
きっと楽しめると思います。
旭川東高校は、2015年8月23日に愛媛県松山市で開催された、本家の俳句甲子園で全国2位を獲ったそうです。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H1Z_T20C15A8CR8000/
旭川の高校生が全国で活躍しているって、すごいですね。
 
(文責:難波真実)
 

Share

【ありがとうございました】楽しかった!こどもクリスマス2013

ついに年が明けてしまいました

今年もよろしくお願いいたします

ご報告が遅くなりましたが

12月15日(日)14時から

こどもクリスマスが開催されました

131215-150700_R500

昨年、突然復活した「こどもクリスマス」

今年は昨年同様吹雪模様の中

26人の子供たちが集まりました

131215-140849_R500

紙芝居に手品

そしてゲームやヒーローショー

131215-141358_R500

盛りだくさんな内容に満足してくれたようです

ご協力いただいた多くの皆様に心より感謝申し上げます

(文責:齋藤幹太)

Share