むかわ町、厚真町、安平町を訪問し、義援金をお届けしました

2019年1月31日、北海道胆振東部地震で被災した、むかわ町、厚真町、安平町を訪問し、義援金をお届けしました。
三浦綾子記念文学館と連携協定を結んでいる、後藤純男美術館、北海道療育園、富良野演劇工場、旭川大学と、昨年9月から12月まで、共同で募金活動を行い、それらを集約したものです。

むかわ町役場にて(竹中喜行町長にお渡し)
むかわ町役場にて(竹中喜行町長にお渡し)

むかわ町役場にて(竹中喜行町長から説明を受ける)
むかわ町役場にて(竹中喜行町長から説明を受ける)

厚真町にて
厚真町にて

安平町にて(及川秀一郎町長にお渡し)
安平町にて(及川秀一郎町長にお渡し)

おかげさまで天候に恵まれ、後藤純男美術館の小野寿樹営業部長と2人で、上富良野から占冠を経由して、車で巡りました。
3町とも、4ヶ月を超えてようやく復興への道のりを歩み始めたといったところで、長い道のりであることを感じました。
むかわ、安平では町長がご対応くださり、現在の状況と今後の課題などをお話しくださいました。
これからもこの地域を意識して、手を取り合っていこうとの思いを持ちました。

この募金にご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました。

(難波真実)

Share