生活図画事件

事務局ブログ

【新聞記事の紹介】菱谷良一さんの個展についての報道をまとめました。

ご紹介が遅くなりましたが、件名について掲載情報をまとめてお知らせをいたします。三浦綾子記念文学館が主催したものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事に関わる報道のため、お知らせをいたします※2020年...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月10日「あさひかわ新聞」に菱谷良一さんの記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 菱谷良一さんは、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事でご講演をされたため、お知らせをいたします。 新聞掲載 「あさひかわ新聞」20...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月10日「あさひかわ新聞」に故・松本五郎さんに関する記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 三浦綾子記念文学館では、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」で故・松本五郎さんの最後の講演原稿を展示しました。ご興味がおありでしたらお読みいただければ幸...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月11日「北海道新聞」に菱谷良一さんの記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 菱谷良一さんは、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事でご講演をされたため、お知らせをいたします。 新聞掲載 「北海道新聞」朝刊、2...
事務局ブログ

【WEB記事の紹介】菱谷良一さんの個展について

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 三浦綾子記念文学館が主催するものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事に関わる内容のため、お知らせをいたします。 WE...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】故松本五郎氏 追悼展「自由な心を求めて」於:福原記念美術館(鹿追町)について

件名について、以下の通り新聞・WEB掲載がありましたので以下に紹介いたします。三浦綾子記念文学館が主催するものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の展示内容にかかわるため、お知らせをいたします。 故松...
学芸ブログ

【写真展紹介】2021年5月5日(水)まで「第36回写真の町東川賞受賞作家作品展」が開催されています(於:東川町文化ギャラリー/北海道東川町)

 件名の写真展についてお知らせします。 2021年3月30日(火)〜5月5日(水)まで「第36回写真の町東川賞受賞作家作品展」では、写真家の髙橋健太郎氏の作品が出展されております。  髙橋氏は、生活図画事件の被害者菱谷良一氏・故松本五郎氏...
事務局ブログ

【新聞記事掲載のお知らせ】2021年4月1日(木)付「北海道新聞」朝刊に当館企画展及び生活図画事件について掲載されました。

表記について、以下の通り掲載されましたので、ご紹介します。 「北海道新聞」朝刊 2021年4月1日 14版27面(第4社会) 「最後の講演」原稿1日から公開 「生活図画事件」で投獄の故松本さん 旭川・三浦綾子文学館で遺族が寄贈 以下の記事...
事務局ブログ

【新聞記事掲載のお知らせ】2021年4月1日付「北海道新聞 どうしん電子版」に当館企画展及び生活図画事件について掲載されています。

表記について、以下の通り掲載されましたので、ご紹介します。 「北海道新聞 どうしん電子版」2021年4月1日 「最後の講演」原稿1日から公開 「生活図画事件」で投獄の故松本さん 旭川・三浦綾子文学館で遺族が寄贈  全文をお読みになるには、...
事務局ブログ

【新聞記事紹介】2021年1月15日付「北海道新聞」朝刊に生活図画事件について掲載されています。

表記について、以下の通り掲載されていますのでご紹介します。 「北海道新聞」夕刊2面(旭川)「マイたうん旭川」2021年1月15日 生活図画事件旭川師範学校時に逮捕された松本さん 書斎に「最後の講演」原稿  松本五郎さんは昨年6月に当...
事務局ブログ

【館長ブログ更新のお知らせ】田中綾館長ブログ「綾歌」を更新しました。

田中綾館長ブログ「綾歌」を更新しました。館長ブログは毎月1日に更新されます。 菱谷良一氏ご講演「『生活図画事件』を語る」2020年7月1日  先月6月27日に当館で、菱谷良一さんのお話をうかがいました。動画配信終了後のエピソードを紹介してお...
学芸ブログ

【動画追加のお知らせ】講演会 菱谷良一氏「生活図画事件」を語る を追加いたしました。

終戦75 年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ」連動行事 ───  戦前、日々の生活をありのままに描く「生活図画教育」という絵画運動が すすめられていました。それらは当時「左翼思想を啓蒙する共産主義運動」 であるとみなされ、太平洋戦争の始まった昭和16 年から同17 年にかけて、 旭川師範学校と旭川中学の美術教師、学生、卒業生ら26 人が、治安維持法の 容疑で検挙されたのです。前年の「綴方教育連盟事件」とともに、北海道で の大きな民主教育弾圧の一つです。当時、旭川師範学校の学生で美術部員で あった菱谷良一さんが、思想弾圧されたその頃の体験談をお話くださいます。
タイトルとURLをコピーしました