アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ

事務局ブログ

【お知らせ】本日4月1日(金)午前9時より三浦綾子記念文学館の開館(営業)を再開いたします。

平素は三浦綾子記念文学館に温かいご支援とお言葉を賜り心からお礼申し上げます。 大変長らくお待たせいたしました。本日4月1日午前9時より、三浦綾子記念文学館は開館(営業)を再開いたします。 ご来館の折は、当館での感染予防対策にご...
事務局ブログ

【お知らせ】三浦綾子記念文学館 再開日(4月1日)について

再開日(4月1日)について(お知らせ) 平素は三浦綾子記念文学館に温かいご支援とお言葉を賜り心からお礼申し上げます。 北海道における新型コロナウイルス感染状況の悪化を受けまして、感染拡大防止のため、1月25日(火)から臨時休館...
事務局ブログ

【展示期間延長のお知らせ】開館再開後も「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」掲載図書の閲覧が可能です。

「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」掲載図書展示期間延長のお知らせ 平素は三浦綾子記念文学館にあたたかいご支援とお言葉を賜り、心よりお礼申し上げます。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】菱谷良一さんの個展についての報道をまとめました。

ご紹介が遅くなりましたが、件名について掲載情報をまとめてお知らせをいたします。三浦綾子記念文学館が主催したものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事に関わる報道のため、お知らせをいたします※2020年...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月11日「北海道新聞」に菱谷良一さんの記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 菱谷良一さんは、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事でご講演をされたため、お知らせをいたします。 新聞掲載 「北海道新聞」朝刊、2...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月10日「あさひかわ新聞」に菱谷良一さんの記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 菱谷良一さんは、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事でご講演をされたため、お知らせをいたします。 新聞掲載 「あさひかわ新聞」20...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】2021年8月10日「あさひかわ新聞」に故・松本五郎さんに関する記事が掲載されました。

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 三浦綾子記念文学館では、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」で故・松本五郎さんの最後の講演原稿を展示しました。ご興味がおありでしたらお読みいただければ幸...
事務局ブログ

【WEB記事の紹介】菱谷良一さんの個展について

件名について、以下の通り掲載がありましたので、お知らせをいたします。 三浦綾子記念文学館が主催するものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の連動行事に関わる内容のため、お知らせをいたします。 WE...
事務局ブログ

【新聞記事の紹介】故松本五郎氏 追悼展「自由な心を求めて」於:福原記念美術館(鹿追町)について

件名について、以下の通り新聞・WEB掲載がありましたので以下に紹介いたします。三浦綾子記念文学館が主催するものではございませんが、昨年度の企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ思フ」の展示内容にかかわるため、お知らせをいたします。 故松...
事務局ブログ

【お知らせ】学校図書館・公共図書館のみなさまへ  三浦綾子記念文学館ブックリスト「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」をご活用ください。

 件名について、以下の通りお知らせをいたします。  三浦綾子記念文学館公式サイトで公開中のブックリスト「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」は、図書館等での展示及び自由研究などの資料としてご活用が可能です。是非ご利用...
事務局ブログ

【展示のお知らせ】2021年7月1日(木)より、三浦綾子記念文学館本館2階図書室で、「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」掲載図書の閲覧が可能です。

 件名についてお知らせをいたします。 開館再開後より「みんなで伝えていこう! 戦争を起こさないためのブックリスト」掲載図書の閲覧が可能です。是非お手に取っていただければ幸いです。 2021年7月1日(木)より三浦綾子記念文学館本館2...
事務局ブログ

【案内人ブログ】No.43 『非国民文学論』を読む 記・三浦隆一

刺激的で魅力的なタイトルだ。このタイトルを目にして何かのためらいを感じる人がいるとすれば、そう感じた人の勘は正しい。本書は、文学館館長の田中綾が大学に職を得るきかっけとなった博士論文が大部分であるので、決して読み通すのは生易しくはない。正...
タイトルとURLをコピーしました