その他

想い出ノート 第120号(2009年5月)より

2009.4.4 今年になって作品を読んでいます。 次々読んでいます。昨年より長男が旭川に暮らし 始めて、この記念館を知りました。来るなら作品を 読んでからと思い、読み始めて私の誕生日(4/25) が綾子先生と同じだということを知り、不思議...
その他

想い出ノート 第119号(2009年4月)より

2009.3.4 この一年のあいだ、大切なことを考えたいとき、何度かここを訪れました。 雪の季節に訪れたのは、はじめてなのですが、今日は晴れて暖かく、良い日です。 今日は、僕の誕生日です。 わずかな月日のあいだに、大切なものをいっぱい失って...
その他

想い出ノート 第118号(2009年3月号)より

2009.2.8 ここに来るたびに心が真っ白になります。 一人掛けチェアに座り、気に入った本を手に取り読み進める。 読み進みながら、心に響く言葉を手帳に記す 日々の生活に忙殺されそうなとき、この手帳を読み返すと 自分の心の汚れた部分がじわじ...
その他

想い出ノート 第117号(2009年2月号)より

2009.1.12 大阪より三姉妹で記念館を訪れ ました。息子一家と共にテレビドラマを 見た頃がなつかしいです。 2009.1.20 旭川に来るにあたって「氷点」をむさぼり 読みました。小説に出てくる″見本林″を 目のあたりにして感動してい...
その他

想い出ノート 第116号(2009年1月号)より

2008.12.2 ずっと来たかった場所です。 見本林の中にたたずむ綾子先生が すてきでした。 「愛」がいっぱいあふれる展示物に 心おだやかに生きていきたいと思えました。 横浜 匿名様 2008.12.3 町田の4人組で札幌→富良野→旭川と...
その他

想い出ノート 第115号(2008年12月号)より

2008.11.7 はこだて→サッポロ→そして旭川まできました! 日本の真中にいる住人としては北の大地は寒いですね。 こちらの館内のあたたかな言葉、写真に心からあったまりました。 ありがとうございました。 2008.11.12 この時期にし...
その他

想い出ノート 第114号(2008年11月号)より

2008.10.5 1989。ドラマで氷点を観て、とても心に深くかんじる ものがあり、それから高校生活をたのしくすごしながら授業中 に図書館で三浦綾子さんの本をかりこそこそとよみ あさったのを思い出されました。今でも本をよみかえすと 心がゆ...
その他

想い出ノート 第113号(2008年10月号)より

2008.9.3 大学の卒業論文で、三浦綾子さんの「銃口」について書かせていただこうと 思っています。大学4回生の夏休み、やっとこの地へ来ることができました。 今は、感動で胸がいっぱいです。 また、この場所へいつか来たいと思います。 200...
その他

想い出ノート 第112号(2008年9月号)より

2008.8.1 夫と中三、小五の娘との北海道旅行に来ています。 三浦綾子さんの本と私が出会ったのは、もうずいぶん昔。 今の娘くらい、中学二年生の夏でした。 「塩狩峠」・・・当事担任だった国語の教師をされていた 坪田先生に思わず感動を伝える...
その他

想い出ノート 第111号(2008年8月号)より

2008.7.2 もう一度読み返そうと思いました。 なぜか順番にまわって見ていくと涙があふれました。 夫婦愛は何を言わなくても伝わってくる。 私もこんな夫婦生活を送りたい・・・・ 信仰心はなくても感謝は出来るので・・・・ 2008.7.17...
その他

想い出ノート 第110号(2008年7月号)より

2008.6.13 お陰さまで開館10周年を迎えました。 2008.6.7 初めて三浦綾子さんの作品を読んだのは高校の時です。 「塩狩峠」はとても私の中で一番印象的な作品でした。 この記念館に来て、三浦綾子さんのすべてを理解できた気がします...
その他

想い出ノート 第109号(2008年6月号)より

2008.5.2 三浦綾子さんの作品を読んでから 私の人生においていろいろ助けられました。 ずっと前から来たかった記念館を夫と来ることができました。 仙台市 ----- 2008.5.3 札幌の近くに住みながら記念館にあこがれながら 3月1...
タイトルとURLをコピーしました