三浦綾子記念文学館

事務局ブログ

【新商品のお知らせ】8月24日(月)から販売開始!「三浦綾子文学カレンダー2021」がお求めになれます。

 来年のカレンダーができあがりました。 文学館では本日より販売を開始いたしましたのでお知らせします。  カメラマン益田良一氏の北海道の美しい四季折々の写真と共に、綾子のことばが紹介されています。 毎年、毎月、綾子の言葉に触れ、「ほんとうにそ...
学芸ブログ

【資料紹介】国立国会図書館デジタルコレクションで「十勝岳爆発災害志」がお読みになれます

 今月の館長ブログ「綾歌」(『泥流地帯』映画化、こんなキャスティングはいかがでしょう?)はもうお読みになられましたか?  田中綾館長の勤務先の大学生たちが選んだキャスティングをイメージしながら楽しく読みました。果たして誰が石村兄弟や福子、節...
事務局ブログ

【新聞記事紹介】2020年6月27日(土)付「北海道新聞」で朗読劇団「くるみの樹」が紹介されています。

お知らせが大変遅くなりましたが、2020年6月27日(土)「北海道新聞」朝刊14面(地域の話題)に 「朗読劇団の再開を心待ちにする 室谷宣久さん(70)=旭川市」が掲載されました。ご興味がございましたら、記事とともに綾子の小説『泥流地帯』...
事務局ブログ

【新聞記事紹介】2020年7月20日(月)付「北海道新聞」夕刊で「十勝岳爆発の図」のことが紹介されています。

お知らせが遅くなりましたが、2020年7月20日(月)「北海道新聞」夕刊5面(旭川)に 「十勝岳爆発の図」…開発当時の美瑛 高橋北修の世界感じて」が掲載され、旭川を代表する画家・高橋北修の特別展示が紹介されています。ご興味がございましたら...
事務局ブログ

【お知らせ】氷点ラウンジのランチョンマットがリニューアルしました。

 八月七日の旧暦の七夕も過ぎ、十日頃になると、夕風に乗って、盆踊りの太鼓の音が、遠く近く聞えてくるようになる。その頃になると、浴衣一枚では肌寒いほどに涼風が吹き始める。 盆踊りの太鼓は、夏の終わりを告げる音でもある。盆踊りの歌を聞きながら...
事務局ブログ

【新聞記事紹介】2020年7月14日(火)付「北海道新聞」夕刊に河﨑秋子さんの文章が掲載されています。

件名についてお知らせします。2020年7月14日(火)「北海道新聞」夕刊3面(カルチャー)に作家・河﨑秋子さんの文章「コロナ社会を考える 冷静に強かに備えを」が掲載されております。お読みいただければ幸いです。 さらなるご活躍を心よりお祈...
事務局ブログ

【WEB掲載】ブログ「旭川美都」で旭川市のおすすめスポット」として当館をご紹介いただきました。

ブログ「旭川美都」の以下の二つの記事にて、「旭川市のおすすめスポット」として 三浦綾子記念文学館をご紹介いただきましたのでお知らせします。 2020年7月6日記事(大学生の佐々木優香氏) 2020年7月9日記事(津軽三味線奏者の千葉楽斗氏...
事務局ブログ

【新聞記事紹介】2020年7月9日(木)付「北海道新聞」朝刊に当館案内人のコメントが紹介されました。

件名についてお知らせします。本日2020年7月9日(木)「北海道新聞」朝刊17面(地域の話題)の掲載記事「「井上靖読書会」25周年 旭川 活動や創作収録の記念誌」に当館案内人・森敏雄のコメントが記載されております。 案内人ブログのこちら...
事務局ブログ

【新聞掲載のお知らせ】2020年7月2日付「北海道新聞」朝刊に当館のみどころが紹介されました

2020年7月2日(木)付「北海道新聞」朝刊(旭川版)「地域の話題」14面に「初夏彩るツルアジサイ 旭川・外国樹種見本林」が掲載されました。先日当館の見どころスポットとして「ツルアジサイとストローブ松」を画像とともに紹介いたしました。この...
事務局ブログ

【新聞掲載のお知らせ】2020年7月2日付「北海道新聞」朝刊に当館氷点ラウンジ限定販売品が紹介されました

2020年7月2日(木)付「北海道新聞」朝刊(旭川版)15面「地域の話題」の「味めぐり」にて、当館分館氷点ラウンジ限定販売商品の「くるみたっぷりパウンドケーキ」及びオリジナルブレンドコーヒー「氷点ブレンド」、ただいまの時期にお勧めの「森の...
事務局ブログ

【重要】イベントカレンダー修正のお知らせ

本日サイト記事でお知らせしたとおり、 大変残念ではありますが、 三浦綾子記念文学館賛助会員友の会 東京支部・上富良野支部・旭川支部の各支部は、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止の観点から7月以降の本年度の行事開催...
事務局ブログ

【ちかごろ】まもなくお手元に! 館報「みほんりん」第45号、只今発送作業中です!

  七月に入ると、北海道は森閑とした深い夏の季節になる。網走や、サロベツ原野の原生花園にエゾキスゲやハマナスの花の咲く頃、わたしはなぜか、妙に孤独を感ずる。三浦綾子「わが心のふるさと、夏の北海道」(角川文庫『孤独のとなり』より) 7...
タイトルとURLをコピーしました