その他

想い出ノート 第96号(2007年5月号)より

2007.4.3 丁寧な展示、居心地の良い空間、素晴らしい文学館です。 中学一年のとき、朝刊に連載される「氷点」を夢中で読みました。 こちらに伺う前に文庫本で、もう一度読み直し人間に対する深い洞察に裏付け られた格調高い小説であることに改め...
その他

想い出ノート 第94号(2007年3月号)より

2007.2.14 大阪から一人旅で来ました。 半年前から三浦綾子さんの事を知って、いくつか読みました。 塩狩峠、道ありきにとても感動しました。 特に、私が病気になってる事から、道ありきに記載されている「病も 自分に必要だから神様がそうされ...
その他

想い出ノート 第93号(2007年2月号)より

2007.1.6 こちらの皆様にはなじみのない群馬県からはるばる やって参りました。数多い作品に接し改めて感無量の 気が致します。思い出の作品を拝見して感謝の 気持ちで一杯です。ありがとうございました。 群馬県 ----- 2007.1.7...
その他

想い出ノート 第91号(2006年12月号)より

2006.11.11 出張で旭川に来て、この記念館に少しでも時間があれば寄りたいと 思っていました。 来てよかったです。むかし読んだいくつかの三浦綾子さん、光世さんの作品 のことが思い出されるとともに、多忙な日常の中で失っているものの 大切...
その他

想い出ノート 第90号(2006年11月号)より

2006.10.3 昨年訪れた時あいにく休館日であった。 一年後漸く思いをかなえることができた。 20年前深い悩みによってどん底にいた私を立ち直 らせてくれたのは、三浦文学であった(小説ではなく) 今日は幸せな時を持つことができた 長崎市 ...
その他

想い出ノート 第89号(2006年10月号)より

2006.9.13 千葉から北海道まで来ました。 保育を学んでいるのですが、今日はここで 三浦綾子さんの作品や自筆のものを 見て感動しました。三浦さんの作品や おいたちについて詳しく知っていない私達でしたが、 少し知ることができたように思い...
その他

想い出ノート 第88号(2006年9月号)より

2006.8.3 2度目の来館です。『海嶺』の特別展を拝覧したく 参りました。三浦文学や一つ一つの言葉には力があり 私も力強く生きなければと思わずにはいられません。 今秋には『氷点』のドラマも放映されますが、こちらも 楽しみにしています。 ...
その他

想い出ノート 第87号(2006年8月号)より

2006.7.4 初めて旭川の地を訪れました。 結婚して二年が過ぎての新婚旅行でこの記念館へ来るのが夢でした。 主人は、昨年、仕事で一人ここを訪れ、感動し一人涙があふれたそうです。 帰途の飛行機でも本を読み、是非、私もここへ連れて来たいと思...
その他

想い出ノート 第86号(2006年7月号)より

2006.6.10 現在、中東シリアに住んでおります。 シリアでの生活で心の支えになったのが「道ありき」です。 今日はシリアから三浦綾子の世界に来ることができ大変うれしいです。 光世さんにお会いできなく残念です。 これからもお身体大事にして...
その他

想い出ノート 第85号(2006年6月号)より

2006.5.4 一度は訪れてみたかった綾子さんの元へ念願叶って お友達と小樽からJRでやって来ましたよ。 疲れた時、目標を失った時、三浦先生の本を読み生きる力と させて頂きました。これからの人生の後半 愛する事の深さと 真実を学びながら生...
その他

想い出ノート 第84号(2006年5月号)より

2006.4.2 初めて北海道を訪れました。北海道へ来たら必ずここへ来てみたい と思っていました。念願かなって今日、三浦綾子さんの記念館へ 来ることができました。三浦綾子さんの作品と出会うことによって、人生 の考え方が変わりました。言葉にす...
その他

想い出ノート 第83号(2006年4月号)より

2006.3.3 娘と2人で大阪から今日来ました。旭川空港に降り立った 時、一面の銀世界に驚きました。一番訪れたかったこの 「三浦綾子記念文学館」に来ることができてうれしいです。 外は外国樹種見本林と白い積雪。木の枝々から降って くる雪の霧...
タイトルとURLをコピーしました