【案内人ブログ】No.33(2019年12月)

岩手県からのお客様 方言で語り合う

※これは旭川岩手県人会の記念誌掲載の文章に、一部加筆したものです。

 ※綾コレカード(三浦文学案内人はそれぞれこのような自分のカードを持っています。文学館を見学される際は、ぜひ三浦文学案内人によるガイドを予約してくださいね。カードは案内する本人からもらえます)

数年前にたった一度、旭川岩手県人会に参加させて頂きました。再びお逢いできずにいます。そんな私にも、記念誌への参加を声かけしてくださり感謝します。

私は1981年(昭和56年)、現盛岡市(当時都南村)から結婚のため、深川市へ来ました。その後、2000年(平成12年)、旭川へ転居いたしました。結婚直後、実家の母と電話で話していると夫が傍に寄ってきて小さな声で「日本語で話しせ」と言われたものでした。
私は文学館でボランティアをさせていただいています。喫茶コーナーで「私さもコーヒーけで」とおっしゃった方がいました。すかさず、「岩手の方ですか?」と私が問い、「私、盛岡出身なんです」と。すると「旭川さも岩手から来てる人、いるんだぁ」と驚かれてしまいます。
方言は恥ずべきもの、他人との会話は標準語で!小学生の頃、教師にそんな風に教えられ、いつの間にか自分でもそれが正しく思われいつしか忘れた方言でした。
なのに最近、無性に聞きたくなるのです。しゃべりたくなるのです。ひっつみ(岩手や青森の南部に伝わる具だくさんの汁で、小麦粉の生地を引っ張ってちぎることから「ひっつみ」と呼ばれる)やあずきばっと(「ばっと(はっと)」はすいとんのこと)を食べたくなり、きのこがずっぱり(沢山)入った芋の子汁や黄色の食用菊の酢の物や天ぷらが懐かしい……。
岩手県出身のみな様、たまには岩手弁使ってしゃべってみねっか?

三浦綾子さんの作品に上富良野を舞台にした『泥流地帯』『続泥流地帯』というのがあります。北海道新聞日曜版に1978年(昭和53年)に連載されたそうですから、中にはお読みの方々もおられると思います。
大正15年5月24日、十勝岳爆発で起きた泥流に144人の方々が流され、30年以上かけて開拓した畑や田園が硫黄を含んだ泥で覆われてしまいます。
小説の主人公達は、綾子さんの夫光世氏をモデルにしたフィクションですが、『続泥流地帯』の中でこう言っている場面があります。

「自分たちのふるさとを胸に焼きつけておくということは、人間として大事なことなんだ。君たちはいつの日か、この村を離れて、ほかの町に住むようになるかも知れない。しかし、そこに楽しいことが待っているとは限らない」
「いや、つらい目に会ったり、苦しい目に会ったりすることが、多いかもしれない。そんな時にな、ふっとこの広大な景色を思い浮かべて、勇気づけられるかも知れないんだ。人間はな、景色でも友達でも、懐かしいものを持っていなければならん。懐しさで一杯のものを持っていると、人間はそう簡単には堕落しないものなんだ」

旭川岩手県人会の集まりが、この懐かしいものを大事にしてきたからこそ、120年も続いてきたと思います。これからも続くように祈っています。
By 三浦文学案内人 村椿洋子

【案内人ブログ】No.2(2017年5月)

三浦文学案内人

案内人ブログ第2号を担当する森敏雄です。

今回は、私たちが企画し、4月25日に実施したフットパスを取り上げてみたいと思います。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

綾子さんがご存命であれば、この日は95回目の誕生日にあたります。天候は今季一番の晴天、微風ありの絶好のフットパス日和でした。参加者は埼玉県から来館されたご夫妻のほか、地元旭川市民や三浦文学案内人など、総勢13名でした。

最初は、文学館(1階部分)の見学です。ここでは、案内人が、男女交互にミニガイドをしました。女性案内人は、なんとこの日が誕生日!というサプライズ付きです。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

次に見本林の入口から美瑛川河畔を往復します。ここでも、案内人による見本林案内プレート解説を、行いました。広場の木の切り株を見ると、いっとき『氷点』の主人公「陽子」の心情を追体験することができます。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

その後、街中へ向かいます。

コースの主なポイントは以下の6点です。

①徹や陽子が通学した神楽小学校
②学会出席の啓三を見送り洞爺保養所帰りの村井を迎えた旭川駅
③啓三が聖書を買い求めた冨貴堂本店跡
④光世が『氷点』というタイトルを思いついた4-8バス停
⑤三浦夫妻が通い、結婚式を挙げた六条教会
⑥綾子の実家・堀田家跡地

最後は、『氷点』に登場する珈琲亭ちろるでコーヒータイムがあり、4時間余りのイベントを無事、終了することができました。

参加者の感想としては、「普段歩くことがないので結構しんどい」「案内人によってガイドの着眼が異なるので勉強になった」「案内人として知識をより深めることができた」などという声がきかれました。参加された皆さま、大変お疲れさまでした!

「三浦文学3つの道」の内、「氷点の道」は、三浦文学を代表するコースです。
北海道第二の都市旭川は、買物公園や旭山動物園で有名になりましたが、三浦綾子記念文学館の見学をはじめ、「氷点の道」を歩いてみたい、というようなファンが増える事も強く願っております。
私たちと一緒にフットパス「氷点の道」(全長=8km)を歩いてみませんか?

【案内人ブログ】No.1(2017年4月)

三浦文学案内人

【案内人ブログ】No.1(2017年4月)

初めまして。

今回、三浦綾子記念文学館 案内人ブログの第1号を担当します、今中美智江です。

第1回目のブログ、そして、ブログデビューに緊張しています。

さて、今回は・・・平成29(2017)年2月18日(土)より上映されております、映画「母 小林多喜二の母の物語」について書きたいと思います。

昨年10月6日に、塩狩峠記念館(北海道上川郡和寒町)で映画の撮影がありました。邪魔にならないようにと、ちょっとだけ見学に行きました!

私は、初めて映画撮影の現場に行ったのですが、関係者の多さにまずびっくりです。沢山の機材、人々々々々ー。出演者の方達はどこかなと探しました。遠くでの見学でしたが、雰囲気を楽しんで来ました。

その後、休憩所になっている塩狩峠記念館に入らせていただき、監督さんとも少しだけお話ができました。一緒に写真も撮らせていただきました。

 母 セキ役を演じた寺島しのぶさんにも、一緒に写真を撮っていただき、サインを2枚も書いてもらいました。寺島さんは気さくに「いいですよ」と応じてくれました(*^_^*)

寺島しのぶさんの色紙と、映画のパンフレット
山田火砂子監督と

さて、完成した映画を観ての感想です。

私は2回、見ました!

1度目は友達と行き、原作の表現の方法も知りたくて、帰ってすぐに、本を読みなおしました。

2回目は、ブログの担当が決まったので、一人でじっくり観に行きました。残酷なシーンもあまりなく、でも感じ入る映画でした。

私は特に、多喜二が亡くなり家に帰ってきて寝かされているシーンが印象に残っています。

先に、1年間一緒に過ごしたと言う、伊藤ふじ子さんが来ました。柱に寄りかかるような感じでジーッと多喜二を見ています。そこにタミがあわてて来て、寝ている多喜二を見て、左側に立っている ふじ子を見、もう一度多喜二を見て、何も言わずに側にも行かずに立ち去って行きました。原作では、タミは葬式にも出席とあります。映画での監督の表現は異なります。そのタミの行動に対し、何を言いたかったのか。

何を訴えたかったのか、など自分なりに原作と併せて理解したつもりです。

最後に、知り合いの ろう者達が是非、観たいと言っていました。

字幕を検討して頂けないかな、と思います。

文学館 注)

北海道では、1か月弱上映しておりました。そのため、何度かご覧になった方もいらっしゃいます。

【案内人ブログは、毎月10日に配信いたします】